シンサナミ

神奈川県 横浜市・海老名市・秦野市、山梨県 甲府市などのLP ガス、リフォーム、介護はシンサナミへ。

株式会社シンサナミ

お知らせ

給湯器の凍結にご注意ください!

2018.01.26

 

 

最強寒波の襲来で毎日寒い日が続いています。
朝、顔を洗うために洗面所で水を出すときになかなかお湯にならず、焦ったりしていませんか?
最近シンサナミのお客さまからお湯がでない!というお問い合わせが増えているのです。

給湯器本体には、凍結防止ヒーターが内臓されている為、凍るということはないのですが、お湯の配管が凍ってしまっているのがほとんどです。

今回の寒波による凍結などのお問い合わせ内容は以下のものがほとんどでした。

対策と合わせて下記にまとめましたので参考にしてみてください。

 

 

①水は出るがお湯が出ない

寒冷地などでは冬期は日常的に氷点下になることが多いため、配管には凍結を防止するためのヒーターが施工されています。

その他のエリアではヒーターの設置はなくほとんどが保温材のみです。

水道の配管よりもお湯の配管のほうが先に凍結しているのがほとんどです。

 

 

対策:1

気象情報などを参考に保温材の劣化や破損など点検しておきましょう。もし破損などを確認したら早めの補修をお勧めします。

※現在シンサナミのガスをご利用中のお客様で写真のように破損している場合は、

シンサナミ(0120-800-373)までご連絡ください。

 

対策:2

お湯の蛇口を開いて流したままにしておくと配管の凍結が防げます。

できれば給湯器から一番遠い蛇口もしくは一番寒いと思われる蛇口を開けるのがポイントです。

この時必ず給湯器のリモコンの電源をOFFにしてください。ONのままだとガスが燃焼してしまいガス代が大変なことになってしまいます。

水道代はかかってしまいますが・・・・

蛇口を開ける目安は少量の水「1分間に約400CC(太さ約4㎜)ほどです。

 

 

 

 

 

 

②お湯張りができない。追い焚きができない

追い焚きの配管が凍結しています。通常追炊きの配管は水やお湯の配管のようにヒーターは施してはいないのが一般です。

給湯器そのものには気温が低下すると自動的に内蔵のポンプを稼働させお風呂と給湯器の間でお風呂の水を循環させることで凍結防止を行っています。

 

対策

冬の間はお風呂のお湯は抜かずにおくのが一番です。

最低で浴槽内の循環口より5㎝以上ある状態がベストです。

自動湯張りも同様の対策で大丈夫です。

 


 

※凍結による対応は出張料や作業費等を含む費用が発生しますのでご注意下さい。

この他にも給湯器等についてのご心配事等ございましたら、遠慮なくシンサナミまでご連絡ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ